介護の資格は三幸福祉カレッジでゲット|口コミで魅力を知ろう

子供を相手にするとき

大学生

何が違うのか

今、話題になっている保育士ですが、専門の学校を出ていなければその資格を取るに容易ではない。そのため、保育士になろうものなら学校にいくひつようがある。では、保育士の大学は何がいいのか。それは資格の勉強のしやすさがある。資格といえどもこの世には様々な資格がある。ただ、国家資格ともなると取ること自体が容易ではない。そのため、専門学校や大学が用意されているのだ。しかし、それならわざわざ大学に行かなくとも専門学校でいいという考えもあるだろう。だが、専門学校と大学は大きく違う。教えることに関しては大学の方が経験豊富であり更に実習も豊富であるのだ。教科書とは違い経験で育つことができるので実践向きの保育士がより多く生まれるのだ。なので、私は本気で保育士になろうと考えるのであれば大学に進み、そして様々な経験を学ぶことが大切であるだろう。また、専門学校は単体だけの資格しか取ることはできないが大学であるならそれに似通った資格を取ることが容易にできるという利点がある。例えば、社会福祉士などそれは様々だ。つまり、様々な勉強する機会が増えるのでその場の発想がより豊かになるのである。さらに専門学校より大学の方が圧倒的に学ぶ期間が多い、そのため、詰め込み学習にならない。要は、じっくり経験を下に考えられるのだ。このように、保育士という経験がモノを言う職業は圧倒的に大学に進学すると利点が多くなる。そのため、様々な人が大学に進学しようとするのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加